サボりを科学した若きビジネスマンの為の能率向上ブログ。サボりツールや、お勧めサイト、(自称)サボりストのサボり日記を公開中。

サボって何が悪い!

サボる=能率向上を科学的に証明したいR25世代限定BLOG
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS



PROFILE

ランキングにご協力下さい(泰造からのお願い)Click Please!

Blog Ranking by @With ranQ by SweetBoat blogranking.net by DAI4KIKAKU
人気ビジネスBLOG
SEARCH
qrcode
<< 2005/11/21 | main | 機動戦士ガンダムSEED meets 生協の白石さん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




| スポンサードリンク | - | - | - |
2005/11/22

問題となっている木村建設は、民事再生法の適用申請を行うというニュースが出ていた。

姉歯は、告発されて刑事裁判に掛けられる事は避けられないので、もちろん会社として継続することはないだろう。森田設計事務所も、同様の措置が取られるはず。

シノケンは全て買主に全額返還
サン中央ホームも、自社負担で建て直し

ホテルは営業中止になっているが、どうやらこれも自社負担で解体する方向で調整を行っているらしい。解体だけでも数十億円掛かるというのだから、大きな経済損失、また多大な信用問題を引き起こしている事の重大さに、漸く業界全体が気付いたのではないか。

審査機関のイーホームズも、上場を目指し成長していたのに、今回の件でかなり先に伸びたはず。もしかすると、この問題により行政処分が下ることも高い可能性としてあることを考えると、倒産の可能性も出てくるのではないか。最近の建築現場の看板を見ると、軒並みこの社名を目にしていたのだが・・・。

また問題となるマンションの大半を占めているマンションデベロッパーの「ヒューザー HUSER」は、ホームページ上で以下のコメントを載せていた。

まず、入居者ならびに周辺の皆様方に大変ご迷惑をお掛けして、誠に申し訳ありません。
 平成11年8月、当社施工を請負った木村建設から下河辺建築設計事務所に姉歯設計が紹介され、同じく平成14年2月、森田設計事務所に、同じく平成14 年9月、スペースワン建築研究所に、同じく平成15年5月、SSA建築都市研究所に紹介され、それが起点となってその後各設計事務所が姉歯設計を下請けとして使うようになったと思われます。
 私が木村社長を信頼し、木村建設を施工業者に指定した結果、姉歯設計が各設計事務所に紹介されたのが始まりであります。(一部抜粋)

株式会社 ヒューザー
代表取締役 小嶋 進
 


どうやら、民事再生法の適用申請をしていた木村建設の紹介で下請けとして利用していた設計事務所が、今回偽造を行っていた会社だった様だ。つまりヒューザーとしては被害者という立場にいることを表に出している。もちろん木村建設が倒産してしまえば、死人に口無しということになり、ヒューザーが被害者だったことが理解してもらえるかもしれないが、その保証は一体誰が行うことになるのだろうか?

一番の被害者は、耐震基準に満たないマンションを既に購入してしまった買主=一般の人であり、その保証を国や、審査機関がどこまで行うのかは疑問。

この話題は、人間に必要不可欠な3要素の衣食住の「住」に関わる問題。ただでは済まされない問題である。

マンションを買うときの基礎知識

あわてて失敗しないマンションの買い方

あなたの家は大丈夫?

マンションはこうして選びなさい




| 佐掘 泰造 | ☆サボリ日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト



| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://s25.jugem.jp/trackback/198